リンク集: スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー ロレックス スーパーコピー カルティエ 時計コピー ブルガリ スーパーコピー ウブロスーパーコピー フランクミュラースーパーコピー タグホイヤースーパーコピー パテック フィリップスーパーコピー シャネル時計 コピー オメガ コピー スーパーコピーブランド通販 スーパーコピー時計

記事一覧

『THE GUILTY/ギルティ』でG-SHOCKをつけたジェイク・ギレンホールが受ける運命の911コール

今週のウォッチ関連映画で、彼は今まで以上にダークな苦悩をすることになる。

映画の最大の強みは、時間を自在に操ることができることだ。何年もの時の流れを表現した映画もあれば、1日の出来事を描いた映画もある。映画時計アントワーン・フークア(Antoine Fuqua)監督の2021年の作品、ジェイク・ギレンホール(Jake Gyllenhaal)主演の『THE GUILTY/ギルティ』(原作はデンマーク映画の『Den Skyldige』)は、時間をさらに縮めている。9-1-1コールセンター(そしてその9-1-1コールセンターのみ)を舞台にしたこの推進力のある警官ドラマは、ある警官の夜勤中に起こり、すべてのアクションはカメラのない場所で電話越しに行われるのだ。基本的に映画の90分間はずっとギレンホールの顔を見つめて過ごすことになる(これを夜の過ごし方として悪くないと思う人もいるかもしれない)。

主人公のジョー・ベイラーは(映画のクライマックスまで理由は明かされていないが)現場から排除され、緊急電話の応対に追いやられた左遷された警察官である。彼の夜勤は、彼の人生の軌道を変え、ストーリーを動かすきっかけとなる電話に出るまでは、ごくありふれた夜の電話応対になるはずだった。この一晩のあいだ、彼は警察官の持ち物として完璧な、大きくて頑丈なデジタルウォッチを身につけていた。

アカデミー賞が目前に迫り、我々はアカデミーによって選ばれた昨年の作品だけでなく、選考に漏れた作品にも注目している。 この映画がオスカー級(それが何を意味するかは別として)ではないからと言ってがっかりはしない。しかし、Watching Moviesに関しては時計が重要であり、この作品はその点では勝者である。昨年、予告編が流れたとき、かなり興奮したのを覚えている。『TRUE DETECTIVE』で有名なニック・ピゾラット(Nic Pizzolatto)が脚本を手がけた様式化されたジャンル映画にギレンホールが出演する? そう、私は興味津々だった。でも、実際に映画を観たのはごく最近のこと。Netflixで見られるという事実は、劇場公開と同じように映画を見ようという気にさせないようだ。


【関連記事】:ファッション情報更新

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー